ひとり暮らしインテリア#2

コーディネート事例

こんにちは!

フラワーアーティスト&インテリアコーディネーターのnoccaです。

オンラインサロンメンバーそれぞれが、第3回イベントとして作成したパースについて、各々詳しく解説していきます。

▶︎全体テーマ『新生活インテリアコーディネート』です。

▶︎4月から社会人になり上京する 女性(男性でも可)

▶︎22歳の 一人暮らし

▶︎予算5万〜10万円

<私のご提案>

私からの今回のご提案の設定は、女性です。

20代前半の女性、初めての一人暮らし。

期待と不安でいっぱいな新社会人生活。

今回は、若いうちだからこそできる

お手頃価格でのガーリーなクラシックインテリアに。

クラシックなテイストの家具は

本格的なものを揃えると大変高価ですが、

お手頃な価格のもので

その雰囲気を楽しんでみるというのも

若いうちは特にありだなと思っています。

私が20代のときは北欧インテリアブームでした。

私の部屋もナチュラルな中にちょっとビビットな

アクセントカラーが入る北欧テイストで、

友人たちからは好評だったのですが

個人的にこういうガーリーなテイストも

一度はやってみたかったというインテリアになりました笑

<レイアウト>

東京での一人暮らしで10畳は結構リッチですね。

この広さなら小さめソファも置けます。

ドアを開けてすぐのエリアは、くつろぎスペース。

奥は入って左にベッド

ドレッサー、チェストなどの収納がある

プライベートスペースです。

ワンルームでも、行動に合わせてゾーンを作ることで

コロナ禍でおうち時間が長くなっても

気持ちの切り替えをすることができます。

<カラー>

インテリアカラーは白とスモーキーなピンクパープルで

大人ガーリーな雰囲気にまとめています。

壁のフレームの黒が全体を引き締めるアクセントに。

【家具】

家具・照明とカーテンで10万を少し超えました汗

ニトリ、IKEA、楽天等のネット通販で

買えるものを選んでいます。

ラブソファでお気に入りの映画を

鑑賞したり、読書をしたり

ゆったりくつろぐことができます。

お友達や恋人を呼んでもゆったりできると思います^^

右奥のドレッサー兼デスクは鏡をしまえるタイプで

テレワークにも対応。

壁に向かって集中できる配置です。

ベッドは、白のアイアンのベッドで眠る時もお姫様気分に!

照明は、クラシックながらシンプルなラインで

モダンな雰囲気もあるゴールドのシャンデリア。

これなら甘くなりすぎることもなく空間全体が

リッチな雰囲気になってオススメです。

テレビの上の壁面の黒のアートフレームは

アクセントとして全体を引き締めています。

テレビを置く場合、テレビの黒がインテリアの中で

悪目立ちしてしまうのですが

それを利用して黒のフレームとリンクさせ

テレビの黒を気にならなくする効果を狙っています。

ファブリック

カーテンはびっくりカーテンという

お手頃な価格でかわいい柄がたくさんあるサイトから、

高級感のあるパープルピンクのカーテンを選んでみました。

<参考>

動画のパースでは、アクセントとして貼ってはがせる

スモーキーピンクの輸入壁紙を取り入れたものを

ご紹介しましたが

実際にやるのは結構大変な作業ですし

壁紙を使わなくてもカーテンや

ベッドリネンなど、大きめの面積を占める

ファブリックにピンク系の色を用いることで

雰囲気は出ますので、今回はご参考ということで

今回の予算には入れていません。

部屋の雰囲気をアップさせるには

こんな方法もあるよ!ということでご紹介しました。

次回は、30日に久美子さんが更新する予定です。

皆さん、お楽しみに!

interiorlabointeriorlabo

interiorlabo

若手インテリアコーディネーターのオンラインサロンメンバーが、旬のインテリア情報をお届けするインテリア情報メディア。 お客様にも同業者さんにも幅広く活用していただけるサイトを目指しています! 月額100円からオンラインサロンメンバーも随時募集中!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。