寒い冬を快適に過ごすリビングインテリアのご提案 #4

コーディネート事例

こんにちは!

整理収納アドバイザー、インテリアコーディネーターのYuriです。

オンラインサロンメンバーそれぞれが、第二回イベントとして作成したパースについて、各々詳しく解説していきます。

▶︎全体テーマ『寒い冬を快適に過ごせる ナチュラルなリビング』です。

▶︎30代夫婦、子供2人 (小学生と幼児)

▶︎インドア派でこもりがち家族

<私のご提案>
世間はキャンプブームですね。

SNSでもファミリーキャンプ、グランピングなど盛り上がってますね。

行ってみたいなーと思いながらも

小さなお子さんがいるとなかなか行きづらいと思います。

気分だけでも、味わえるように

お気軽おうちグランピングを提案します♪

寒い冬の夜、家族でキャンプの雰囲気を味わいながら

プロジェクターで映画鑑賞など楽しみましょう。

<ポイント>
ポイントは
●アウトドアの無骨な雰囲気に暖色のオールドキリム、ムートンラグ、石油ストーブなどで冬の暖かコーデを演出。
●生活感が出ないようTVは置きません。テーブル、チェアー、小物はキャンプ用品。                  
です!

床材はキャンプ用品を置いても傷つきにくく、アウトドア感が出るよう石のような素材感のモノを選んでいます。床暖対応です。ベースクロスはグレー、プロジェクター投影面は画像の歪みが少ないクロスです。

ソファはキャンプ用品とも相性のよさようなTRUCK FK SOFA。座りごごちがふかふかで座面も広いのでリラックスできます。

石油ストーブやランタンの炎にもリラックス効果があります。しかし、小さなお子さんには危ないのでランタンはLEDのものをオススメします。石油ストーブもオブジェとして置かれ、実際には床暖などを使用されるといいかと思います。ストーブの上にアンティークのケトルを置かれるとますます冬の雰囲気アップします。暖色のクッションカバー、ムートンラグなどはインテリアに取り入れやすいですよ。

日頃はソファ以外に家具を置かず、お子さんが広々遊べるスペースにし、必要に応じてキャンプテーブルやチェアー使用する。折りたたんで収納できるキャンプ用品ならではのフレキシブルな使い方ができます。


最近のキャンプ用品はデザイン性が高いものが多く、お値段もいいお値段なんですよね。それを、キャンプにしか使わないのはもったいというおばちゃん精神からひらめいたコーデでもあります。

今回、久しぶりに苦手な手書きパースを描いてみました。お見苦しものをお見せしてしまい申し訳ありません。ここまでお付き合いいただきありがとうごいました。


以上、暖かリビングのご提案でした。


次回は、22日(火)にMisaさんが更新します。

interiorlabointeriorlabo

interiorlabo

若手インテリアコーディネーターのオンラインサロンメンバーが、旬のインテリア情報をお届けするインテリア情報メディア。 お客様にも同業者さんにも幅広く活用していただけるサイトを目指しています! 月額100円からオンラインサロンメンバーも随時募集中!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。